読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢幡洋の犯罪心理学と事件-日々の考察

犯罪事件コメンテーターとしてTVに出ることがあります。社会の出来事や自分の体験を心理学的に考察します。3日に一度、昔、単行本などに書いた少年犯罪分析を連載します。自分で取材した古い事件もあります。他、本家ホムペ・ブログ更新情報も告知します。

「元の世界に戻して」被虐待児は成長した後、解離障害に襲われる。その後・・・この部分は8月31日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション!   

連載少年犯罪検証012京都「女子高生の事件の概要」壱

連載少年犯罪検証京都「女子高生の事件の概要」壱

京都16歳少女手斧父親警官殺害事件

 平成19年9月18時午後4時40分ごろ、京都府境田辺市で京都府警察南署

交通課巡査部長(45歳)宅から「夫が首を切って自殺した」という通報があっ

た。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 二階の寝室で下着姿の父親の遺体は、首に2度にわたり深く切りつけられてい

た。後日の供述では、「一度斧を振り下ろしても、まだ息の音が聞こえたのでも

う一度やった」としている。他にも顔付近に4カ所の傷があった。母親・長女・

次女が呆然として手を握りあっており、5時15分次女が犯行を認めたため緊急

逮捕された。長さ30センチ、刃渡り11センチの斧が凶器であった。

 報道された証言によれば、16歳の次女は、小学校までは、明るく運動もでき

よく外で遊んでいたという。だが、実際には、高学年のころから気性の激しさが

あらわになっていた。小学校5年生の時にクラスが男児と女児に分かれて口論に

なったとき、真っ先に手を出して蹴りあげられた男児が泣きだし、担任から叱責

されたことがあった。自分より年下の生徒から姓を読み間違えただけでヒステリ

ックに怒鳴っていた。周囲に前後の脈絡なく睨みつけることがあったらしく、相

手から反発されると語気荒く怒鳴り返した。翌年には10相手に手掛かりに取っ

組み合いの喧嘩をしていた、という。また、一種早熟だったのか、同級生のなか

ではじめて「彼氏」ができた。休み時間・放課後に二人きりになっていたりした

という。一説によれば、別々の中学校に進学することになり、卒業の日に恋心を

打ち明けたがふられてしまった、ともいう。家庭に関しては、小学校高学年頃に

「父親に叩かれたり髪をひっぱられたりしたことがある。お母さんは好きだけど、

お父さんは嫌い」と述べていた。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 だが、中学に入ってから性格が変化を見せ始める。一転しておとなしく目立た

なくなった。「陰キャラ」と周囲から見なされていた。いつも何か耐えているよ

うな感じで、配られるプリントには頻繁に少女漫画のイラスト描いていた、とい

う。アニメにはまってコスプレもし、オタクっぽくなっていたらしい。