読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢幡洋の犯罪心理学と事件-日々の考察

犯罪事件コメンテーターとしてTVに出ることがあります。社会の出来事や自分の体験を心理学的に考察します。3日に一度、昔、単行本などに書いた少年犯罪分析を連載します。自分で取材した古い事件もあります。他、本家ホムペ・ブログ更新情報も告知します。

「元の世界に戻して」被虐待児は成長した後、解離障害に襲われる。その後・・・この部分は8月31日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション!   

「代理母で子供千人計画」重田光時氏の性の謎 | 女性回避が先にあるのか? 

f:id:yahatayo:20140822095845j:plain

TVで報道されているのは一部の話のみ

 

 バンコクで、24歳の日本人男性が、代理出産により16人の乳幼児の父親になっおり、タイ国家警察の捜索が行われている事件の主人公である「父親」は、光通信の創業者の長男・重田光時氏であることはすでに知られている。各局の報道番組には、 「独自に裏が取れた事実でない限り取り扱わない」と言う鉄則がある。他局や週刊誌ですでに溢れかえっている事実であっても、その局がその確実性を確認できないうちは、放送内では触れない。だから、昨日もスタジオでは週刊文春・週刊新潮などに書かれた記事内容に一切触れなかった。

 

 最初事情を知らずに代理母を斡旋した団体が「 彼は 毎年十人から十五人の子供が欲しい」と言っており、百人~千人もの子供を作ろうと計画している」と大使館に通報し、また「世の中のために、たくさん子供を作り、命を生み出すことが自分にとっての哲学」と言っていると伝えた。

週刊誌報道から見える奇妙な過去

  前回のこの問題についての記事では「生殖技術・生命倫理にかかわる問題」と述べた。しかし、週刊誌などで知ったことを総合すると、どうしても心理屋のさがが働いてしまう。この人物の「性」のあり方があまりにも特異で、整理したくなってしまうのだ。


1 、大変なマザコンだった。高校生しては珍しく、いつまでも母親が授業参観にきていた。


2 、シモネタ話が大嫌いだった。


3 .趣味として知られているのは、 『エヴァンゲリオン』のDVDを全巻所持していたこと。


4 .父親に対しては、 「金儲けの仕事をやっているだけ」と強い敵対感情を持っていたが、ある時、父親から「俺を批判するのは構わないが、自分自身で力をつけなければ、何一つすることはできない」と言われた


5 .東南アジアに複数の会社を持っている模様だが、仕事ぶりは、 「喫茶店などのリラックスできる場所でパソコンを叩いたり、ネット通信をしている」と言う姿が目撃されている程度。


6 . 「女の子はいらない、男の子だけが欲しい」と言っており、男の子には、皆自分の名前の1字「ミツ」をつけている。 (女児の養育を放棄しているわけではないだろうが、 「子供と楽しそうに遊んでいた」と言ういくつかの目撃情報は、いずれも、男の子のみに限られている。女児の名前には 「ミツ」は入れられていないようだ )


7 .代理母たちにほとんど感謝の表明をしないので、怒りを買っている。ある証言では「 「ご苦労様」と一言言われただけで、私の顔を見ていなかった。その一言だけ」 。

 

8.代理母は全て帝王切開で出産するように要求されており、産んだ子供には全く会わせてもらえない。

 

9.保育体制を管轄している女性は性転換した元男性であるという話がある。


10 .母親もこの進め方に同意している節があり、現地まで足を運んだことがあるようだ。

女抜きの生殖

以上、まだ断片的で不正確な情報も多いだろうと思われる。
私には、これは、 「家庭の倫理」 「子どもの権利」などの問題の前に、 「セックス抜きの自己複製ではないのか? 」という印象を打ち消せない。
彼は、未婚である。伝えられた情報では、女性が好きではなさそうだ。女性との絆は、母親1人のみのようだが、ここら辺でマザコン云々の概念を出してくる事は控えておこう。 「仕事が忙しい、でも子供欲しい、優秀な男性の精子バンクでもあれば良いのに」といったキャリアウーマンの言葉が小見出しにあった記事を相当昔読んだことがある。金の力で、それを早々に実現してしまった。だが、そのキャリアウーマンの言葉にも「女の子が欲しい」と言う言葉は特になかったと記憶している。

ユニセックスの自己増殖

 自分と同じ性の男の子、自分の名前の1字を与える、と言うことになると、非常に自己増殖の色合いが強くなる。代理母だけではなく、卵子の提供者である遺伝状の母親とももしかしたら顔も見たくないのかもしれない。もしくは、セックスのみならず、出産という生々しい生物的プロセスが嫌いで、テクノロジーで可能な限り代替したいのであろうか。


  異性の姿がなく、自分が自己増殖してゆく牧場。僕には、まだこの光景を分析する言葉がない。とりあえず最初の関門は「相手の存在しない自己増殖に近い形で行われる単一性(男性)の王国」を夢見ている男の姿である。