読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢幡洋の犯罪心理学と事件-日々の考察

犯罪事件コメンテーターとしてTVに出ることがあります。社会の出来事や自分の体験を心理学的に考察します。3日に一度、昔、単行本などに書いた少年犯罪分析を連載します。自分で取材した古い事件もあります。他、本家ホムペ・ブログ更新情報も告知します。

「元の世界に戻して」被虐待児は成長した後、解離障害に襲われる。その後・・・この部分は8月31日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション!   

連載少年犯罪検証003長崎「サディスティック女児の思い出」参

連載少年犯罪検証長崎「サディスティック女児の思い出」参

長崎佐世保女子児童同級生殺害事件

このタイプは、何かの症状が出るほどのストレスを自分で感じていることは少な

い。むしろ問題なのは、攻撃的なので周囲が遠ざかり、社会的に孤立する、とい

うことなのである。だが、この女児は被害女児を含めて周囲との交流があった。

このサディスティック・パーソナリティーにしては珍しい社会的交流は、しかし、

同時にサディスティック・パーソナリティーには珍しいストレスを抱え込む原因

にもなった。

 だが、ここでひとまず、別の話をしたい。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 まず、サディスティック・パーソナリティーの特徴を備えた小学生女児の心理

療法に約20年前に経験している、という個人的な体験を紹介したい。その女児

の年齢は8歳。私と妻は共に臨床心理士として長年カウンセリング活動に従事し

ているが、私はスーパーヴァイザーとしてかかわり、直接的には妻が同女児のプ

レイセラピーを担当した。

□□■□□□□□□□□■■■■■□■■■□□■□□□□□□□

□■■■■■■■■■□□■□■□□■□■□□■■■■■■■□

□□■□■□■□■□□□■□■□□■■□□■□■■■■□□□

□■■■■■■■■■□■■■■■□■□■□□□□□□□□□□

□□■□■□■□■□□□□□■□□■□■□■■■■■■■□□

□■■■■■■■■■□□□■■□□■□■□□□□□□□■□□

□□□□□□□□□□□□■□■□□■■□□□■□□■□■□□

□□■□■□■□■□□■□□■□□■□□□□□■■□□□■■

□■□□■□■□□■□□□■■□□■□□□■■□□■□□□■

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 プレイセラピーとは、いわば「いっしょに遊ぶ」という方法による子供に対す

る治療法であるが、毎回凄惨な場面が展開されることとなった。空想上の「お

棺」の中に妻をとじこめさらに女児が自分の糞べんを垂れ流すという葬式ごっこ

などの象徴的な加虐的行為に加え、押し入れの中に妻を10分以上とじこめたり、

時には手刀で突くなどの直接的な暴力行為に及んだ。「子供に好きなように遊ば

せることに治療性があり、心理療法家は子供の遊びの展開に忠実で有るべき」と

いう原則を守り、妻はこの女児が攻撃性を発散するのをひたすら受容することに

徹したのだが、今振り返ってみるとそれが最善であったのかどうか私たちにもわ

からない。だが、女児の当初問題となっていた精神症状はほとんど消失し、自ら

治療からの卒業を宣言して一応成功裏に終結した。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 「それぐらいの年齢の子供は、昆虫の足をもぎとったり、元来残酷な一面を持

つのではないか」と言われる方もあるかもしれないが、それは「昆虫の足をとっ

たらどうなるのだろう」というような幼い好奇心の現れにすぎないことがほとん

どである(その感情表現が人間と類似している哺乳動物に虐待を加えるのは、か

なり意味が異なり、要注意であるが)。

 だが、妻が担当したその女児は、例えばお話づくりの中で「お父さん」に「水

責め」「サメ責め」「幽霊責め」などの拷問を延々と与えるというような「相手

に苦痛を与える」そのことに異様な執着を持っており、私たち夫婦が経験しえた

児童心理療法の中では男女を通じてこれほどの加虐性を示した子供はこの一例の

みである。私たちの経験の範囲内ではこれほどの加虐性を示す児童は「極めてま

れ」としか言いようがない。だが、同時に言いうることは、たとえたった一例で

あっても、「十数年前から突出した加虐性を示す女児は存在した」と私たちは結

論できるということだ。