読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢幡洋の犯罪心理学と事件-日々の考察

犯罪事件コメンテーターとしてTVに出ることがあります。社会の出来事や自分の体験を心理学的に考察します。3日に一度、昔、単行本などに書いた少年犯罪分析を連載します。自分で取材した古い事件もあります。他、本家ホムペ・ブログ更新情報も告知します。

「元の世界に戻して」被虐待児は成長した後、解離障害に襲われる。その後・・・この部分は8月31日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション!   

佐世保高1女子殺害事件

佐世保高1殺人少女Aのサディズム | 反社会性人格障害へとシフトできる2つの理由

鑑定留置をきっかけに見解を修正する 佐世保高1女子生徒殺害事件の鑑定留置が決定した。その前後の報道で、私の解釈に若干の軌道修正が必要であると感じるようになった。私は、統合失調型人格障害の可能性を指摘していたのだが、それよりも、私が事件に起こ…

徹底比較!佐世保高1女子加害者vs酒鬼薔薇 | みなさんは、どちらに怖さを感じますか?(修正版)

画像左は佐世保高1女子殺人事件加害者が美術展に出展した自画像(週刊新潮8月7日号)25ページより引用 画像右は酒鬼薔薇事件の少年が犯行直前にノートに描いた「バモイドオキ神」(模写) 先日発売された週刊文春・週刊新潮で佐世保高1女子の件を自分…

実母も殺そうとしていた佐世保高1女生徒 | 家族カンパニーだったのかも知れないが、精神病院専門家は手を引こうとしていたのでは?

病床まで殺そうとして行ったけど、思い返した 事件以来、最大のショッキングな報道はこれだっただろう-「加害者女生徒は、ガンで自宅療養中の実母を殺害しようとした」 。これで、 「傷つきやすい10代少女」をテーマとするセンチメンタル・ストーリーは完全…

専門家のミスリードが佐世保高1女子殺人事件に影響している可能性 | 別居を指示しながら精神病院は手を引くそぶりを見せていたのかも知れない

センチメンタル・ドラマより問題な 専門家のミスリード 専門家のミスリード-新たな構図が浮上している。せっかく1部で起こっていた「人間ドラマの結果としての殺人」説はお釈迦になってしまった。 「父親の再婚が裏切りだった」 「傷つきやすい人の少女の心…

心理コメンテーターのでたらめぶりを告白も含めて切る | 佐世保高1女子殺害の加害者は「女酒鬼薔薇」で詰み

マスコミの犯罪コメントの正体 (末尾に29日夜20時最新情報を付加) そのうさんくささ-社会の安心装置 僕は、犯罪コメントをこれまでたくさんやってきた。 「犯罪コメントなんて、有名になりたがっているエセ精神科医や偽心理屋が適当なことを言っているも…

佐世保・高1女子殺害事件への心理的解釈 | 加害者同級生は秋葉原通り魔事件犯人を思わせる

この事件は、秋葉原通り魔殺人事件と動機面において近いのではないかと思います。すなわち、 「事件をなるべく大きなものにして世間にインパクションを与えてやろう」と言う動機による事件です。自己顕示的と言っても良いかもしれません。背後には、加害者の…